完璧を目指しすぎないことが大切

育児も仕事も、手を抜きたくないと頑張る人は少なくありません。子どもの世話の育児だけではなく、掃除や洗濯などの家事も付随することが多いです。そのうえ仕事もこなすとなると、責任感が強い人ほど完璧を目指すものでしょう。しかし、仕事はある程度こなせても、育児はスムーズにいかないことが少なくありません。子どもはどれだけ注意していても頻繁に熱を出し、体調を崩します。急遽、仕事を休まなければならないことも出てくるでしょう。
また、仕事が定時に終わらず、育児に十分な時間を割けない日もあるかもしれません。育児と仕事は、それぞれイレギュラーなことが発生しやすいです。そのため、育児と仕事を両立するには、優先順位をつけてどれだけ臨機応変な行動ができるかにかかっています。一つひとつの失敗で落ち込んでいる暇はなく、そのときのパフォーマンスを最大限発揮するにはどうすればいいか、頭を働かせましょう。完璧とはほど遠い結果になることもあるかもしれませんが、理想はしっかり持っておくことが大切です。
育児と仕事は、ある程度自分を犠牲にすることでこなせます。時間がなければ睡眠時間を削るなど、休息や趣味の時間など自分の時間を育児や仕事に割り当てている人も多いです。しかし、そうした生活が長く続くことで体を壊してしまっては本末転倒でしょう。ご飯を作る時間がないのであれば冷凍食品や惣菜を利用する、ときには掃除をプロに頼んでみるなど、頼れるものを複数用意しておくことも、両立するうえで欠かせないポイントです。