女性が仕事と育児を両立させるには

女性の社会進出の重要性が叫ばれる中、仕事と育児との両立に関する悩みを抱えている人が少なくありません。特に、男性優位の職場では、女性社員の採用数が少なかったり、長く勤めても収入が上がりにくかったりするケースも目立ちます。また、少人数の社員が仕事を回している職場では、出産を機に退職を迫られることも多いです。こうしたトラブルを避けるには、就職活動を通じて各企業の女性社員の活躍に向けた取り組みを把握し、長く勤められる職場を見極めましょう。
中小企業に勤める女性の中には、子どもが小さい頃に思い通りに休みが取れないことや、将来にわたるキャリア形成が難しいことにより、早期の離職を検討する人も多くいます。そのため、育児に重点を置いて職場選びをしたい人は、全国各地の様々な業種の企業に目を向けてみましょう。女性社員の割合が多い職場や、女性の管理職の育成に力を入れている職場を見つけることが大切です。
さらに、企業によっては女性社員が利用できる託児所を設置したり、育児休暇の期間を長めに設定したりしている職場もあり、育児に関する不安を解消することができます。その他、育児と仕事の両立のポイントについてきちんと押さえておきたい人は、就職活動の合間を縫って女性の求職者をターゲットとした就職説明会などに参加してみましょう。希望する企業で長く働いている社員の話や、人事担当者に分からない点を質問することで、より詳しくその職場について理解できます。