働き方に注目して仕事を選ぶのがおすすめ

女性が育児と仕事を両立させるためには、ある程度時間の融通がきき、子どもが病気のときなどには柔軟に休みがとれる仕事を選ぶことが欠かせません。数ある仕事の中でも、レジ打ちは育児中の女性にも人気の仕事です。レジ打ちはスーパーやコンビニなどで募集していることが多く、4時間程度から働くことができます。この仕事は女性が多い傾向にあるので、子どもの急な発熱で休みが欲しいときでも、協力体制が整っている可能性が高いです。
次に、ホールやキッチンの仕事が挙げられます。この仕事に関しても、4~5時間程度の比較的短い時間での募集が多く見られるのが特徴です。加えて、女性だけでなく若い学生も働いている特徴があるので、職場の雰囲気が明るく活気があることが多く、未経験の場合でも溶け込みやすいと感じる人は少なくありません。ホールやキッチンの仕事は、基本的にシフト制であるため、子どもの学校行事などがある場合も休みが取りやすいでしょう。
続いて、事務職で活躍する女性もたくさんいます。特に、産後間もない女性が肉体労働や立ち仕事をするのは体力的にも無理があるので、子どもが幼い間は事務職の仕事を検討してみるといいでしょう。また、仕事では極力体力を使いたくないという人にも、デスクワークが主である事務職は適しています。事務職の場合、職場によっては土日祝日を休みとしていることも多いので、子どもと予定を合わせやすい点もメリットの1つです。